▼年+22%の実力!24時間自動で取引▼iサイクル注文の評判と解説

▼低コストで簡単に自動売買ができる▼ループイフダンの評判と解説

FXとは?メリット・デメリットをご紹介

FXとは

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FXの詳細

FXとはある通貨に対して投資を行うことを指します。
正式には「外国為替証拠金取引」と言い、その名の通り通貨の売買によって為替差益を得ることを目標にした取引のことです。

分かりやすく伝えると、日本円からアメリカのドルに両替して、そのあとドルからまた日本円に両替すると言った取引です。

利益の出し方としては、例えば100円で買ったドルを120円になったときに売れば20円分の利益となります。

20円と聞くと少ないと感じますが、FXでは1万通貨単位で取引するのが一般的ですので、
20×10000=200000円と実際は20万円もの利益が出ることになります。

購入できる通貨はドル円のみではなく、ユーロやポンドと言った様々な通貨に投資が行えます。

FXのメリット

少ない資金で取引できる

FXでは小額資金で大きなお金を動かすことが可能ですので、まとまった資金がなくても大きな利益を出せる可能性があります。

口座開設した業者にてFX取引を行うわけですが、先に「証拠金」というお金の担保を預けます。
実際の取引ではこの「証拠金」の何倍ものお金を業者から借りて、そのお金で通貨の売買が可能になります。
この仕組みを「レバレッジ」と言い、レバレッジの数値が大きいほど損益幅も大きくなるのです。

例えば25倍のレバレッジの場合、20万円の資金で500万円の外貨を動かすことが可能です。

1万円でも25万円分の外貨を取引することができるので、資金以上のリターンが得られる可能性もあるのです。

ただその分リスクも高くなり、資金以上の損失が出ることもあります。
まさにハイリスク・ハイリターンの投資となり、短期で大きな収益を得たい方には最適な投資商品と言えるでしょう。

1日中いつでもFXが行える

FXは市場が開いている時間が決まっている株取引などと違って、月曜朝から金曜深夜まで24時間取引が行えますので、サラリーマンなどあまり時間が取れない方でも、仕事から帰って取引がおこなえることから現在も人気が続く理由となっています。

FXのデメリット

損失を出す可能性がある

前述したレバレッジの利点はあるのですが、逆に損失もそれだけ大きくなるということですので、場合によっては証拠金以上の金額を払わないといけないこともあります。
レバレッジの値を大きくすれば、ハイリスク・ハイリターンの投資になるということを頭に入れておきましょう。

まとめ

FXはれっきとした投資商品ですが、元本割れなど損をする場合もあります。
もちろん上手く戦略を立てて行えば大きな収益が期待できますが、それに伴うリスクも高いでしょう。

絶対に損をしたくない方にはおすすめできませんが、余裕資金内で楽しむならありと言えるでしょう。