▼年+22%の実力!24時間自動で取引▼iサイクル注文の評判と解説

▼低コストで簡単に自動売買ができる▼ループイフダンの評判と解説

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の評判と口コミを解説

TATERU FUNDING(タテルファンディング)




TATERU FUNDING(タテルファンディング)は、株式会社TATERU(旧:インベスターズクラウド)が運営している不動産投資型のクラウドファンディングのことです。

【追記】
運営会社の株式会社TATERUが顧客の預金残高データの改ざんを行った影響により、新規ファンドの募集を停止しています。
現状ではおすすめできない会社となりましたので、興味のある方ももう少し様子を見てからの方が良いでしょう。

運用中のファンドについては、今まで通り分配が続けられております。
ただ今後どうなるかはまだ不透明な部分もありますので、しばらくは下記でおすすめしているソーシャルレンディングで投資することをおすすめします。

【2019年最新版】おすすめソーシャルレンディングサービスを徹底比較!
長い間日本で行われている低金利政策により、高利回りのソーシャルレンディングに注目が集まっています。 2018年度の市場規模は2000億円に到達する見込みで、2014年度の10倍まで拡大しています。 出資すればあとはほったらかしで運用...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の詳細

項目詳細
運用会社株式会社TATERU
設立2016年4月
会員登録数6万人以上
平均運用利回り年5%程度
最低投資額1万円~
取引手数料無料
成立ローン総額約50億円
1円から貸付ファンドに投資できる!Funds(ファンズ)の評判と口コミを解説!
Fundsとは、株式会社クラウドポートが提供している貸付ファンドに投資できるサービスのことです。 まるで個人向け社債のようなファンドを手軽に買えることから、今注目の投資サービスとなっています。 Fundsの詳細 ...

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の特徴

東証一部上場企業が運営している

運営は2015年12月に東証一部に上場した「株式会社TATERU」が行っており、直近の業績は売上高670億円利益70億円と、業界の中ではトップクラスの規模となっています。

元はアパート事業を本業としていましたが、2016年4月に不動産投資型クラウドファンディング市場へ参入しています。
財務基盤も強固で破綻リスクが小さいことがメリットになります。

短期案件が中心

TATERU FUNDING(タテルファンディング)で取り扱い案件は、3か月~5か月までとかなり短い期間で運用できることが特徴です。

他では1年以上の運用期間が設定されているところも多く、長期投資による価格下落リスクを受けやすくなっています。

短い期間で運用できれば事業者の安全性を確認することができ、安心して継続的に出資が行えるようになります。
TATERU FUNDING(タテルファンディング)では短期間の案件が中心ですので、気軽に始めやすいことがメリットです。

1万円から投資可能

全ての案件で1万円から投資することができ、まとまった資金がなくても少額ではじめられることがメリットになります。

多くのファンドに投資を行って分散性を高めたい方や、お試し感覚で不動産投資型クラウドファンディングを始めたい方におすすめの事業者と言えます。

保全性が高い

TATERU FUNDING(タテルファンディング)は投資家が「優先出資者」、運営会社のTATERU FUNDINGが「劣後出資者」として運用されています。
投資家からは約70%の資金を集めて、残りの約30%をTATERU FUNDINGが出費を行います。

他社では、投資家が「劣後出資者」で残りは銀行からの借入(ローン)という場合が多いですので、事業者自体は出資を行っておりません。
資金の返済が後回しになる「劣後出資者」が投資家になるので、貸し倒れ・デフォルトが起きた場合に資金が返ってこない可能性があります。

一方TATERU FUNDINGでは、優先して資金の返済が行われる「優先出資者」が投資家となるので、不動産価値が下がったとしても3割程度までであれば、投資元本が毀損するリスクを想定せずに済みます。

利回りは少し低め

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の予定利回りは年5%程度となっていて、業界ではやや低い水準となります。

ファンド名利回り最低投資額運用期間
キャピタル重視型 第26号TATERU APファンド年4.8%1万円3か月
キャピタル重視型 第24号TATERU APファンド年4.9%1万円4か月
キャピタル重視型 第22号TATERU APファンド年4.8%1万円5か月
キャピタル重視型 第20号TATERU APファンド年4.7%1万円4か月
キャピタル重視型 第19号TATERU APファンド年4.8%1万円3か月
キャピタル重視型 第16号TATERU APファンド年4.7%1万円3か月
キャピタル重視型 第12号TATERU APファンド年4.9%1万円3か月
キャピタル重視型 第4号TATERU APファンド年5.0%1万円3か月

上記は過去取り扱い案件です。
利回りは少し低めですが、少額かつ短期間で運用できることが特徴です。

途中解約や譲渡ができる

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の他にはない特徴として、出資案件の途中解約譲渡ができる点となります。
途中解約にかかる手数料も発生しませんので、自分のタイミングで返還を受けられることがメリットになります。

また第三者に権利を売却して譲渡することも可能であり、TATERU FUNDINGの会員同士で行うことができます。

案件の詳細情報が開示されている

各ソーシャルレンディング事業者で扱っている案件(物件など)は、現在のところ法律上の関係で詳細な情報が公開されていないことが多いです。

一方TATERU FUNDING(タテルファンディング)では、投資物件の住所や近隣のエリア情報など、詳細に開示が行われていますので安心して投資できることがメリットです。

住所をもとにして実際に訪れてみれば、どんな物件かを把握することも可能です。

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の手数料

項目手数料
口座開設手数料無料
口座管理手数料無料
取引手数料無料
入金手数料自己負担
出金手数料なし

デポジット口座がないため、出金という概念がありません。
口座開設・口座管理・口座維持手数料はすべて0円です。

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の口コミ

TATERU FUNDING(タテルファンディング)の評価まとめ

TATERU FUNDING(タテルファンディング)は、利回りこそ業界平均よりやや低めですが、案件の保全性事業者の安全性が高いことが評価されています。

1万円から可能なことや短期間で運用できるなど、気軽にはじめやすい環境が整っています。
投資した案件の途中解約が無料で行える点も、初心者の方にはありがたいサービスだと言えます。

一部上場企業運営で破綻リスクが小さく、不動産投資型クラウドファンディングがはじめての方におすすめの事業者となるでしょう。

【2019年最新版】おすすめソーシャルレンディングサービスを徹底比較!
長い間日本で行われている低金利政策により、高利回りのソーシャルレンディングに注目が集まっています。 2018年度の市場規模は2000億円に到達する見込みで、2014年度の10倍まで拡大しています。 出資すればあとはほったらかしで運用...